仙台市で考える不動産売却、不動産査定の方法

手持ちの不動産を売却しようと考えた時、まず不動産査定を依頼することになります。

その不動産査定はどのような方法で行われるのでしょう。

その方法について調べてみました。

《いろんな査定方法》

不動産査定にはいろんな方法があり、代表的なものに原価法、収益還元法、取引事例比較法があります。

原価法は建物について現時点で新築した場合の価格から、築年数に合わせた減価修正を行い価格を出す方法です。

収益還元法は賃貸用不動産などが将来生み出すとされる収益から価格を出す方法です。

取引事例比較法は査定する不動産と似ている物件の成約事例を探して立地条件や売買された時期、物件の個別性などを比較して価格を出す方法です。

《個人の売却で使われる査定方法》

仙台市の自宅を不動産査定するというような個人の不動産に関する売却の場合、原価法や取引事例比較法で査定されることが多いです。

もちろん不動産会社によって査定方法はまちまちでしょうが、主に使われるのがこの二つだと言われています。

不動産査定は一社だけでなくいくつかの不動産会社に依頼して比較検討するのが一般的です。

仙台市で人気がある地域の物件だと高額査定される可能性がありますので、一社だけで決めてしまうのではなく複数社に依頼して、一番高く査定してくれたところにしましょう。

できるだけ高く売れた方が良いですから、慌てず、じっくりと比較して決めるようにしてください。