不動産査定に必要なものとは

不動産査定をするのに不動産会社などに依頼するわけですが、その時に何か用意するものはあるのでしょうか。

不動産査定に必要なもの、必要なことについて調べてみました。

《査定に必要な情報》

仙台市の不動産を査定するとして、簡易査定、訪問査定ともに不動産の情報が必要です。

その情報とは、氏名、電話番号、住所、物件の種類(マンション、一戸建て、賃貸アパート、土地)、間取り、敷地面積と建物面積(だいたいでOK)、築年数、現在の状況(居住中か空き家か賃貸中か)です。

また、不具合やリフォーム、心理的瑕疵などがあれば査定の時に隠さずに伝えましょう。

《査定で必要な書類》

簡易査定の時は必要ないのですが、訪問査定をしてもらう場合に必要な書類があります。

それが、登記簿謄本、公図、測量図、建物の間取り図など、権利証、建築確認済証と検査済証、固定資産税評価証明書です。

不動産を売却することが確実ならば、これらの書類は査定の段階から揃えておくと良いでしょう。

《査定前にしておきたいこと》

訪問査定の前にしておきたいこととして、掃除や片付けがあります。

査定の時は購入する人が見に来るわけではないので掃除や片づけをしても査定額が上がるわけではありません。

しかし、同じ物件でもきれいに掃除して片付けてあるところと、汚れて雑然としたところとでは見た時の印象が違います。

ピカピカに掃除をする必要はありませんが、日常に行うくらいの掃除はしておきましょう。

査定はどの不動産会社も無料で行っています。

仙台市でもどこでもそれは同じです。