婚約指輪の素材は何がいい?

上手な婚約指輪の選び方サイト

婚約指輪の素材に選ばれる素材には、ダイヤモンドとの相性がよく耐久性があるプラチナ、ピンクゴールドやホワイトゴールドが人気があります。

婚約指輪の素材は何がいい?

婚約指輪といえば、結婚を控えた女性にとっては憧れのジュエリーともいえます。

最近では婚約指輪を贈らないというカップルも増えているそうですが、それでもなお女性の関心は強く、結婚式をしなくても婚約指輪は欲しいという人も少なくない様です。

そんな婚約指輪ですが、主に選ばれるのはダイヤモンドがあしらわれているデザインのものになります。

ダイヤモンドは永遠の輝きともいう様に、ずっと長く大切にできるとして多く選ばれている様です。

ダイヤモンドをどれくらいのランクのものにするかで価格も変わってきますので、選ぶ時は慎重になりますよね。

そして、婚約指輪といえば、ポイントはダイヤモンドだけではありません。

台座となる素材選びも重要なポイントとなります。

ダイヤモンドを引き立てる素材、自分の好み、結婚指輪との相性などを考えて、素材を選んでいきましょう。

婚約指輪の素材に選ばれる素材には、プラチナ、ゴールドが選ばれます。

プラチナは日本では特に人気のある素材であり、ダイヤモンドを最高に引き立てる貴金属であるとカルティエの三代目であるルイが言葉を残したほどです。

プラチナはダイヤモンドをしっかり支えるために細かい爪を加工するのにかなり適している品やかで粘りのある素材です。

堅い素材であり、傷や熱などにも強いという耐久性もあること、そして肌に優しいことなどが婚約指輪の台座として選ばれる理由です。

ゴールドは、最近人気がでてきている素材です。

ゴールドといっても、ピンクゴールドやホワイトゴールドが人気があります。

ピンクゴールドは、イエローのゴールドに比べて、輝きが控えめであり、日本人の肌にもしっくり馴染み、優しい印象があります。

ホワイトゴールドは上品な白さがありながらもプラチナより価格が安いことで人気があります。

Google
www を検索 上手な婚約指輪の選び方サイトを検索
(C) mcitp70-620.com. All Rights Reserved.